首イボや顔イボを自分で取る人気の方法を全て解説

顔イボ消えてでは老人性イボと呼ばれる有性の腫瘍を取る方法について解説していきます。

別名、老人性イボはアクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維腫と大きさなどにもよって呼び方は更に分類されます。老人性イボと呼ばれてはいることからも分かるように40代を超えた辺りから急激に増加する皮膚トラブルではありますが、たとえ20代でも発症をします。

原因が紫外線を浴びたことによる肌機能の低下などが関係をしている為、加齢と共に発生しやすいので年寄りイボとも呼ばれています。

足にできることの多いウイルス性のイボとは異なり、1個ではなく沢山のポツポツができる人が多いのが特徴となっています。顔イボは1個2個ではなく沢山できてしまうのが気持ち悪く感じる人は多いです。

からだに悪影響を及ぼす悪性の腫瘍ではないのですが、顔のイボは決して見た目が良いとはいえません。

そのため、顔イボ消えてでは自宅で薬や漢方などを使って除去する方法から病院での手術による治療まで解説をしています。特に最近では自宅でケアをしている人も多く、ヨクイニンと呼ばれる成分が配合されたクリームを使うのが人気となっています。

顔イボを自宅で取る方法!薬やヨクイニンを使った方法

顔イボを自宅で取る方法としては薬を使った方法があります。

どれも錠剤または粉上の薬品でからだの内側から治す為の薬となっています。薬局やドラッグストアで市販がされているので、病院へ行かずと購入することができる市販薬です。

からだの内側からの改善となるため、顔イボや首イボなど全身の肌の改善を行うことができる薬です。そのため、顔だけでなく首や腕などにもイボがあるって人におすすめすることができます。

薬には種類は沢山ありますが、成分を見ると分かるのですが、ほとんど変わりはありません。主成分をヨクイニンと呼ばれるハトムギの種子から摂取される成分となっており、他にゼラチンなどの成分が含まれています。

人気のある薬はクリームは「首イボ大辞典」など、様々なのを紹介しているサイトがあるので、そちらを参考にすると良いと思います。

首の小さいイボを市販薬やクリームで取る3つの方法-首イボ大辞典

薬局で市販している評判の高い人気の薬

人気の薬としてはヨクイニン錠・イボコロリ内服錠・ヨクイニンエキス「コタロー」などがあります。地域密着型の薬局だと取り扱いをしていないことも多いですが、全国展開しているようなマツモトキヨシなどへ行くと販売されていることが多いです。

特にイボコロリ内服錠であれば取り扱いをしているドラッグストアは良く見かけることができます。

ただ、イボコロリの液体タイプに関しては使わないように気おつけてください。

液体タイプに関してはウイルス性イボへの薬となっており、皮膚の細胞を死滅させてしまい、ウイルスに感染している皮膚ごと除去する市販薬となります。そのため、顔イボや首イボへ使用することで付着した部分の皮膚が取れてしまうことになります。

箱の裏や注意事項にも書かれていますが、顔や首への使用は禁止となります。

顔イボの自宅ケアができるヨクイニンや杏仁オイルを使った人気の方法

自宅で顔イボケアができるってことで人気となっているのが、ヨクイニンや杏仁オイルが配合された老人性イボ用化粧水です。

クリーム・軟膏・化粧水・ジェルと形状は様々ですが、ヨクイニンまたは杏仁エキスのどちらかが必ずといって良いほど配合されています。

顔イボ用の薬に配合されている成分の多くがヨクイニンであるように顔イボ用の化粧品にも当然のことながら配合されています。他に杏仁エキスを配合している化粧品もあります。

通販限定で販売している商品が多いですが、薬と違って全身のケアではなく、顔イボのケアができることから利用者も多いです。

個人的に私も使ったことがあり、自宅でどうにかしたいって人にはおすすめの方法となります。

人気の顔イボ用のヨクイニンクリーム・杏仁クリーム

顔イボ用の化粧品といっても種類は多いです。

その中でも特に人気となっているのであれば『艶つや習慣』と呼ばれるものがあります。

私も使用をしたことがあるヨクイニンと杏仁エキスの両方が配合された化粧品ですが、今までに50万個以上が販売されているほど評判の良い商品です。

他にも2017年のイボケア部門で5冠を達成し、人気が上昇しているのが『クリアポロン』です。

2017年のアンケートで様々な分野で1位を獲得している為、今いきおいのあるヨクイニンクリームとなっています。

自分で取る方法についてもっと詳しく知りたい方へ

自分で顔イボのケアをするのであれば、おすすめは化粧品を使った方法です。

価格も安く、効き目を実感できた評判のヨクイニンクリームも多いです。私も使ったことがある艶つや習慣などは50万個も売れているような人気も高いです。

ただ、自宅でのケアについてもっと詳しく知りたいって人も多いかと思います。また、自分でハサミで切ってしまうのは駄目なのかなんて質問をされる人も多いです。

顔イボを病院で治療する方法!液体窒素や切る手術

顔イボの治療は病院でも行うことができます。

病院での治療する方法としては下記のいづれかの手術が行われることが多いです。

  1. 液体窒素による治療
  2. レーザーによる治療
  3. ハサミによって切除

最近では液体窒素を使った施術を行っている医師も増えてきているといわれています。

綿棒に付けて顔イボに付けることで取ることができる為、初診日と手術日の2日間などで行われることが多いです。治療といっても大掛かりなものではないですが、少なからず傷跡として残ってしまう可能性はゼロではありません。

治療後に関しては自宅でのケアと同じようにヨクイニンクリームなどが処方されることもあります。

顔イボを取ることができてはいても原因である肌の改善が行えている訳ではありません。そのため、取れた後に関しても毎日のケアをしていくのが大事となるのですね。

病院での治療費!健康保険は使うことができる?

病院での治療費に関してはどの方法で取るかにもよって異なってきます。

液体窒素やハサミを使った方法であれば、イボの数が1個に対して500円程度の費用がかかります。この金額に診察費用の3000円程度がかかってくるので、顔イボの数にもよって大きく異なってきます。

レーザーによる治療に関しては5個で1万円程度の金額がかかると考えておくといいです。ハサミや液体窒素に関しては健康保険が使えることが多いですが、レーザーに関しては保険外となることが多いです。

他に診察料や麻酔の料金もかかってくるので、高額な治療と考えておくといいです。

病院での治療費に関してはどの皮膚科や美容外科に行くかによっても変わってきます。

老人性イボを爪切りで切る取り方!皮膚科でなく自分で切るのは危険な理由

老人性イボを自分で除去する方法として爪切りを利用する人は多いかと思います。
もしかして、あなたも今から行なってみようかと思ってはいませんか?

すでに自分で切ろうとしてから途中で踏みとどまってこのサイトを見ている人も多いかと思います。

病院へ行くのがめんどうだという理由で自宅で除去しようとする人は多いです。
しかし、その中でも選択をしてはいけない方法が「爪切り」を利用して除去することです。

症状が悪化するだけではなく、他の病気も発症することもあり、危険ですので注意しましょう。

ここではなぜ爪切りを使うと危険なのか?
また、自宅で治療したい人におすすめの方法。

以上、2点について解説していきます。

老人性イボを爪切りで除去するのは危険な理由

爪切りを使うことでリスクとなる状況としては以下の2つがあげられます。

  1. 傷痕や痛みがある
  2. ウイルス性の感染症に感染する可能性がある

強引に皮膚から剥がすことによって痛みを伴うこともあります。

イボ自体は脂肪や角質の塊であるため、痛みを伴うことはありません。しかし、皮膚に付着をしているため、素人が綺麗に取り除くことは難しいです。

皮膚の部分を切ってしまったりすることも多いです。そのため、痛みがあるだけではなく、皮膚の真皮と呼ばれる角質層の奥にある細胞まで傷つけることで傷痕が残ることもあるのですね。

それだけではなく、感染症にも注意をしなければなりません。

爪切りは不衛生なためウイルスに注意

爪はごみやウイルスが溜まりやすくなっています。そのため、爪切りは多数のウイルスや微生物などが付着することにもなります。

爪に挟まっている垢やごみの匂いをかぐとくさいのはそれだけ不衛生な証拠です。

そんな不潔な爪切りを使って皮膚を切ることによってウイルス性の感染症が発症することも考えられます。
せめて爪切りを使って首イボを除去するのであれば最低限でも新品を使いましょう。

ただ、根本的に爪切りを使うこと自体は根本的な原因を解決している訳ではないので再発することも多いです。
傷痕や痛みもありますので自宅で除去できる方法とはいえ、爪切りを利用することはおすすめできません。

おすすめの老人性イボを自分で取る方法

老人性イボを自宅で治療する方法としては薬などいくつか種類があります。

その中でも手軽に行なえ、爪切りのような危険性について考えなくてもいいため、人気となっている方法があります。それが「ヨクイニン配合の化粧品」を使う方法です。

老人性イボの原因である角質が肌に残ってしまうことの改善をすることもできます。保湿することでターンオーバーを促進させることができるので、角質がうまくはがれるようになってくれるのですね。

また、ヨクイニンと呼ばれる成分は保水力も高く、古くよりイボ治療の漢方などにしようがされてきました。

最近でも日本で販売されているような老人性イボ用の薬もほとんどの成分がヨクイニンで構成されているほどです。

それだけ効き目が高いと考えられている証拠としてもいえるのではないでしょうか?

ヨクイニン配合化粧品のメリットとしては薬のように費用も高くないことです。
また、病院のように通院する手間も必要としません。

そのため、自宅で老人性イボを除去したいって人に人気となっているのですね。

老人性イボをピンセットで取る方法!ちぎる4つのデメリットを解説

老人性の首イボや顔イボを自分で除去する方法の定番といえばピンセットです。
実際に試してみた人は非常に多いです。

しかし、ピンセットを使って治療をしてみれば分かるのですが、後悔している人も多いです。

自分で取ることはできるけど治療をしている訳ではないのがデメリットだらけとなってしまうのですね。

  1. 皮膚からちぎる痛み
  2. 傷跡として残る
  3. 再発をしてしまった
  4. ばい菌が入りウイルス性のイボが発症

首イボは角質が固まってできるのでウイルスとは関係がなく、無害の良性イボとなります。
しかし、適当に治療をしてしまえばウイルスが入り込みウイルス性のイボに発症してしまうこともあります。

ピンセットで自分で取るデメリットの4つを詳しく解説

首や顔の老人性イボをピンセットで取るデメリットはたくさんあります。
その中でも代表的なものを4つ解説していきます。

メリットは即効性・手軽・無料の3種類ですが、必ずデメリットを確認してください。
おすすめできる取り方ではなく、危険とも言えます。

ピンセットで取る時の痛みがある

ピンセットを使うと切るのではなくちぎることになります。

そのため、上手く付け根から取ることができない為、皮膚ごとつかみ取ってしまうことになります。

皮膚を引っ張ったことにより痛みが生じることも多いのですね。

切れば痛みがないって訳ではないですが、ハサミを使う治療と比べても痛みが生じる可能性が大きくなります。

傷跡として一生残る副作用のリスク

老人性イボをちぎる為、傷跡として残ってしまうことも多いです。

皮膚を強引に除去するため、表皮の奥の真皮と呼ばれる再生が不可能な部分まで傷つけてしまうのですね。

ポツポツと複数の箇所に老人性イボはできてしまうことも多く、傷跡が沢山残ってしまえば目立つことになってしまいます。

真皮まで傷が付くと元通りには戻らないので多少は肌が整うことで薄くすることはできても完全に消すことはできなくなってしまいます。

再発して老人性イボが繰り返し増える

老人性イボができる原因はキチンとケアできていない為にターンオーバーが上手く行われる角質が肌に付着したままになってしまった為です。

そのため、ピンセットで除去をしたとしも強引に取り除いただけであって原因を解決できている訳ではありません。

そのため、再発をしてしまうことも多いのですね。

また、ピンセットで傷をつけたために肌のコンディションは更に崩れ、イボの数が増えてしまう可能性もあります。

治療をするのに大事なのは原因を解決することです。

ウイルス性イボが発症

イボをちぎったことによる傷跡からウイルスが進入をしてしまうこともあります。

ピンセットを火にあぶって殺菌をしたとしても空気中のウイルスが入りこむ可能性もあります。

老人性イボであれば角質の固まりとなるのでからだに害もなく、除去するのは難しくありません。
しかし、ウイルス性のイボとなると完治するまでに2年かかったなんて人も多いです。

わたしも足に発症したことがありますが、完治するまでの期間が長いだけでなく、何度も再発をします。

見た目も黒くなってしまうので絶対に発祥したくない病気のひとつです。

首や顔の老人性イボを自宅で治療したいなら

ピンセットを使って自分で除去しようとする人で多いのが病院へ行くのがめんどうってことです。
待ち時間もあったり、休日もつぶれてしまうのでその気持ちはわたしも多いに分かります。

わたしも実際に病院へ行きませんでしたので・・・。

しかし、ピンセットのようなデメリットが沢山ある方法を選ばなくても自宅で治療する方法もあります。

薬も販売がされていますし、化粧品を使ってケアをすることで根本的な原因を解決する方法もあります。

何もリスクのあるピンセットを使わなくても良いのですね。

わたしのように病院へ行くのがめんどくさい・・・。
このように考えている人であれば自宅での安全な治療がおすすめとなります。

老人性イボを尿素配合の化粧水で取る!ヨクイニンなしで効果はある?

老人性イボに尿素が効果的と聞き気になってるなんてことはありませんか!?

首にできた老人性イボの治療として自作して尿素配合化粧品を作る人がいます。イボ治療専用に作られたのが販売がされていないので、自分で作るのですね。

ただ、基本的には尿素が配合されている化粧品であれば、どんなのを利用しても問題ありません。

尿素と聞くとアンモニアなどを思い浮かべる人が多いのですが、美容業界的に考えると高い保湿成分を持って優れた成分です。老人性イボができる原因としては保湿が足りていないことが考えられます。

肌が乾燥していたために、角質が剥がれずに皮膚にそのまま残ってしまったのが角質となっています。ターンオーバーと呼ばれる働きによって、本来は剥がれるのですが、上手くいかずに残ってしまったのですね。

このターンオーバーの働きを促すのに必要なのが保湿です。そのため、尿素配合の化粧水を使うことは首にできる老人性イボに効果があると考えられます。

老人性イボに効く尿素配合化粧水の作り方

尿素が配合された化粧水を作るのは手間はかかりますが、難しくはありません。

必用な道具は尿素とグリセリンと水の3つです。器として使い終えた化粧水の容器を用意しておくと良いです。道具に関しては大きな百貨店へ行けば販売がされています。有名なお店で東急ハンズなどですね。

薬局やドラッグストアにも販売されていることもありますが、あまり取り扱っている店舗は少ないです。

作り方としては簡単で水、尿素、グリセリンの3つを容器に入れてかき混ぜれば良いだけです。このとき、水に関してはできるだけ天然水などを利用しておいた方がいいです。

水道水は殺菌をする為にも、塩素などの成分が含められています。肌への刺激となる可能性があるので、あまりおすすめすることはできません。

道具さえあれば簡単に作ることができるのが尿素配合の化粧水です。ただ、材料を購入する手間や作る手間などを考えると老人性イボ用に作られている化粧水を使った方が良いと思います。

尿素には老人性イボに有効なヨクイニンが配合されていない

老人性イボに有効的な成分といえば、はと麦から作られるヨクイニンやあんずエキス、杏仁オイルなどです。特にヨクイニンは病院で処方される薬や市販薬としても配合するのが当たり前となっています。

尿素が配合された化粧水であれば確かに高い保湿効果が期待できます。しかしそれだけであって、有効なヨクイニンなどの成分に関しては含まれている訳ではないのですね。

めんどうな手間をかけるぐらいであれば、最初から老人性イボに有効な成分が配合されている専用の化粧品を利用した方が良いと思います。

日常のスキンケア化粧品として利用することもできるので、治療後に関しても余っても使うことができるのですね。それどころか予防としての効果を期待することもできます。

あくまで他の化粧品と違うのはヨクイニンなどの成分が配合されているかって点です。肌にいい成分なので配合されていることで問題が生じる所かスキンケアとして必用な成分でもあるので、日常のケアとしても使えるのですね。保湿成分であるプラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸なども配合されているので、保湿力も高くなっているのでおすすめです。